優良生活 From F*style

From F*style

手作りプリザーブドフラワー教室「Atelier F*style」より発信中♪

お母さんのパン♪

sinamonroll2.jpg

chigiri2.jpg


今日はおひとりさまだったので、大会とは言えませんが・・・
おしゃべりしながら、二種類のパンを焼いていただきました。
どちらもリッチ生地で、シナモンロールとちぎりパンです
途中でお子さんを幼稚園に迎えに行かれたので、発酵オーバーになりそうで、ちぎりパンは私が成形しました。(不揃いですみませんっ
幼稚園は早帰りだった5歳児くん。シナモンロールを4つペロリ。
私の焼いたバゲットはひときれしか食べてくれなかったのに~~(笑)
やっぱりお母さんが焼いたパンが一番おいしいよねっ
ちぎりパンもふわふわで、優しい甘さがとってもおいしかったです


天使のささやき聞こえました。




今日はパン大会!(詳しくはFrom F*styleにUPしてます)
私はバゲットを焼いておこう!と決心して、頑張りました。
朝7時から仕込んで、焼きあがったのは11:30。
オーブンから出したら、パチパチと天使のささやきが・・・う、う、うれしいーーー

いただいたユリで




きれいなユリをいただきました。
細長い花器にそのまま挿していましたが、やっぱりそれじゃ芸がないっ
なんとか自分でアレンジしてみようと果敢にチャレンジしました。ユリは咲いた時のことを考えて、つぼみの位置を決めなくてはいけないのですが、想像力が乏しい私
やっぱりまだまだ一人では難しかったです
全体のバランスがいまひとつ納得いかないので、写真は一部分だけトリミングしちゃいました

爽やかグリーンアレンジ




dscn8389.jpg


今日は月に一度の生花のレッスンの日でした。スプレーシェイプというスタイルだそうです。
梅雨のジメジメがふきとぶような、爽やかなグリーン系のアレンジで、お気に入りです
7月8月はレッスンはお休みで、次回は9月です。楽しみで~~す

うれしいお便りいただきました




先日、我が家ではじめて「手作りパン」に挑戦されたKさま。
おうちで、おひとりで焼いてみられたそうです。
おいしそうなパンの写真を添付してくださったので、ここでご紹介させていただきますね。
はじめて、おひとりで焼かれたとは思えないほど、焼き色もおいしそう
かわいいパンですよね
「これからもまたパン作りを楽しみたい」とメールをいただき、私もとても嬉しかったです。
Kさま、ありがとうございましたぁ~

私は大々的に「パン教室」の看板をあげているわけでもなく、また我が家には特別な道具もありません。あるのはホームベーカリーと家庭用のオーブンレンジだけです。
でもそれでいいのかな?って思っています。
私のところへ「パンを教えてくださ~い」と来てくださる方は、パン屋さんになりたいわけでもなく
「おうちでパンを焼きたい」と思っている方ばかりですから

これからもそういうスタンスで、「おうちで気軽に」そして「楽しく」パンを焼いていただけるよう、お手伝いしていければ・・と考えています。

というわけで、今週もパン教室、開催予定で~す。

cuoca便が届いたよ



パンやお菓子の材料は、ほとんどcuocaさんで注文しています。
昨年の秋、福岡店がopenしたので、少量の買い物の時はとばして買いに行きます。



cuoca2.jpg

今回はじめて注文した、菓子パン用小袋。とってもカワイイくて、すごく気に入っちゃいました。
リピ確定です
柄がわかりやすいように、茶色い紙を入れていますが、袋は透明で~す。

パン作りと私

mentai.jpg


私がパン作りを始めたキッカケはホームベーカリーを購入したことでした。
確か・・・8~9年前でしたね。何か強い動機や思い入れがあったわけでもなく、「ごはんよりパンの方が好きだから」・・程度のかる~い気持ちで購入しました。
最初は子どもが小さかったこともあり、ひたすら「食パン」を焼いていました。
材料を入れてスイッチオンすれば、約4時間後には焼きあがるし、タイマーを使えば、朝焼きたてのパンを食べることもできるので、もうそれだけで十分満足していました。

子どもが小学校に入り、気持ちにも時間にも余裕が出てきた時に出会ったのが、この本でした。

1・2のポン!で本格パンが簡単にできる 上田まり子の焼きたてパンLESSON 白夜ムック1・2のポン!で本格パンが簡単にできる 上田まり子の焼きたてパンLESSON 白夜ムック
(2003/10)
上田 まり子橋本 浩

商品詳細を見る
材料を入れてスイッチオンだけの食パンでも、材料をちょっと変えるだけで、バリエーションが広がることに気づきました。
そして焼き上げまでホームベーカリーに任せなくても、生地作りだけ任せて、あとの成形、焼成は自分でやればいいんだ!ということも学びました。
この本のレシピには本当にお世話になりました。

そして私が次に出会ったのがこの本です。
みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓みかさんの手づくりパンのある楽しい食卓
(2005/08)
門間 みか

商品詳細を見る
依然として、生地作りはホームベーカリーにお任せだった私。
実は一度、手こねのパンを習ったことがあるのですが、難しい、めんどくさい、そしてあまり美味しくなかった・・・という思い出しか残っていなかったんですね。
でもこの本を見てたら、なんだか簡単でおいしそう~手でこねてみようとヤル気が出てきて。
基本のリッチとリーンの2種類の生地から展開していくレシピは覚えやすく、すべてが粉200gのレシピなので、我が家の天板で一度に焼ける量。いっぺんでみかさんのレシピにハマりました。

手こねにもずいぶん慣れたころ、手にした本がこの本でした。

ホシノ天然酵母の焼きたてパンLESSON―からだがよろこぶたのしさとおいしさ (白夜ムック―白夜書房のレシピBOOK (No.170))ホシノ天然酵母の焼きたてパンLESSON―からだがよろこぶたのしさとおいしさ (白夜ムック―白夜書房のレシピBOOK (No.170))
(2005/01)
深本 恭正深本 和美

商品詳細を見る
長年、頑張ってくれた初代のホームベーカリーのご機嫌がナナメになったので、天然酵母対応のホームベーカリーに買い換えました。
イーストとの違いを知りたくて、天然酵母のパンを焼き始めました。
結論としては、イーストはイースト、天然酵母は天然酵母の、それぞれの良さがあるので、その時の気分や時間などで使い分けて行くのが良いかな?と思いました。

そして今、一番お気に入りの本がこれです。

少しのイーストでゆっくり発酵パン?こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!少しのイーストでゆっくり発酵パン?こんな方法があったんだ。おいしさ再発見!
(2007/01)
高橋 雅子

商品詳細を見る
ごくごく少量のイーストで、冷蔵庫の野菜室でひとばんかけて発酵させます。
イーストくささがほとんどなく、粉の味をダイレクトに感じることができます。


ring.jpg

なんだかずいぶん長くなりましたね

ひとつのことを、細々とでも、長く続けていると色んなことがわかって来ますね。
まさに「継続は力なり」

ひゅうちゃんばーばのナチュラルガーデン

実家へ行って来ました。
タイトルを見て「ん?ひゅうちゃんばーばって何」と思った方がいらっしゃるかもしれませんね。
私の旧姓は「日向=ひゅうが」なんです。だからニックネームは「ひゅうちゃん」
義母と区別するためもあって、娘は私の母を「ひゅうちゃんばーば」と呼ぶのです。
なんか、かわいいでしょっ
そんなひゅうちゃんばーばのお庭は、自称「ほったらかしの庭」
だけど、それじゃあんまりでしょう?というので私が「ナチュラルガーデン」と命名したのでありました

 kashiwaba.jpg

garden0620.jpg pinkf.jpg

nasu.jpg



お野菜は苗を植えて育てていますが、その他の花は自然に増殖したみたいです。
ひゅうちゃんばーばのナチュラルガーデンは、お花も野菜も入り乱れています
だけど、整然とした花壇や畑より、私は大好きです

私はこの家で高校1年生の9月(なんと、高校から転入したんですね~)から高校卒業まで2年半、暮らしました。
その頃は、庭の花や野菜などまーーーーったく興味なかったんです。
だからこんなにたくさん紫陽花が咲くなんて、今日はじめて知りました
興味があるかないか・・・で、こんなにも「視点」が違うんだなぁ~と改めて思い知りました。

たまねぎやじゃがいも、なす、いんげんなど・・・ありとあらゆるお野菜をもらって帰りました。
「理子もこげな(こんな)お土産が嬉しいトシになったんやね~」と、嬉しそうに微笑む、ひゅうちゃんばーばの笑顔が私にとっては一番のお土産です


粉と戯れる週末

orange.jpg  週末は粉と戯れました
  
  
  これはオレンジピール入りのブリオッシュ。
  「僧侶の姿」を現しているという、一般的な
  「ブリオッシュの成形」が苦手なので、
  普通にまるめてアルミの型に入れて
  焼きました。
  写真は真上からとってみました。




kurumif.jpg 
  これは長時間熟成発酵させた
  くるみ入りのリュステイック。
  粉はリスドォルを使用。
  友人、知人、家族の間で
  最近一番人気のパンです





foca.jpg  
  これはフォカッチャ。
  200gの粉でいつもは4分割か6分割にする 
  のですが、今回は8分割で小さめに。
  食べやすい大きさで、家族にも好評でした






cherry.jpg  最後はお菓子。
  アメリカンチェリーをいただいた
  ので、バターケーキに入れて焼いてみました。       
  チェリーの甘酸っぱさとバターケーキは
  相性バッチリ。とってもおいしかったです

ローズメリア




高さのあるスタンドを使ったキャンドルアレンジです。
中央の大輪の花はコバルトと白のバラで作ったローズメリアです。
メリアはプリザーブドならではの技法ですね

手作りブログFrom my hand*に全体がわかる写真をUPしていますので、良かったら見てくださいね

メリアのキャンドルアレンジ



50cm近い高さのスタンドにアレンジしてみました。中央の大輪の花はコバルトと白に加工したバラで作ったローズメリアです。グリーンはリーフリボンを使いました。


cobaltcandle2.jpg cobaltcandle3.jpg


私好みのシックでモダンな雰囲気を漂わせつつ、メリアを使用したことで「華」のあるアレンジに仕上がったと思うのですが、如何でしょう? スタンド部分に「ちょこん」とあしらった白いローズもお気に入りです

トマピー




先週は怒涛の一週間でした。家族3名のうち、2名が松葉杖状態。
もうすっかり良くなりましたが、病院や学校への送迎の他、行事なども重なり、かなり辛かったです。
でも家族の為に、何かできるのって、幸せなのかもしれませんね。
何度か重い病気をして、いつも「何かをしてもらう」立場だったので、逆に「してあげられる」ことの幸せをひしひしと感じました。

とにかく健康第一!バランスの良い食生活とたっぷりの睡眠を家族一同肝に銘じたいと思います。

写真は「トマピー」 初めて買ってみました。どんな味がするのかな?楽しみです

バゲット



長時間熟成発酵でオートリーズ法というので、バゲットを焼いてみました。フランスパン系はまだまだ発展途上。家庭のオーブンでどこまで上手に焼けるか、これからも挑戦しつづけたいと思います

涼しげなアレンジ



外は雨。
九州北部ももう梅雨入りかな?
お天気はジメジメしてますが、せめて気分だけでも爽やかにっ」というので、涼しげなアレンジを作ってみました。
白とライムグリーンの2色でまとめました。

6月20日前後にこの2色のバラを使ったアレンジでワンデイレッスンを検討中です。
お問い合わせなどはお気軽に、左のメールフォームからどうぞ

涼しげ初夏アレンジ




初夏を意識して、涼しげなアレンジに仕上げました色はライムグリーンと白で統一。
後ろのリボンはリーフリボンというものです。手で自由に裂けるので、ちょうどよい太さにして使えます。

syoka2.jpg

写真ではわかりにくいのですが、清涼感と輝きを出すためにスワロフスキーのペリドット、ジョンキル、クリスタルをさりげなく(うるさくならない程度に)随所にあしらっています。

涼しげフラワーネックレス

tanzamo.jpg



スワロススキーフィリグリーの色違いで作ってみました。
お花パーツの花びらがタンザナイト、花芯がライトアゾレだったので、チェーン部分もその2色だけにしてみました。
夏向きの涼しげなネックレスに仕上がりました

最近のお気に入り




最近のお気に入りパンは「ソフトフランス」
今日は残り物を色々サンドしていただきました~
左はハンバーグ&レタス、中央はレタス、ハム、トマト、右はやきそばで~す

素敵に年齢を重ねる

Denim(初回限定盤) Denim(初回限定盤)
竹内まりや (2007/05/23)
ワーナーミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る


買おうか、レンタル開始まで待とうか?さんざん悩んで「よし!買おう」と決心して、買いに行ったら「品切れ」でした
すごい人気なんですね~~

竹内まりやさんのライフスタイルに憧れる女性って多いそうですねぇ。
仕事をきっぱりやめて家庭に入った「百恵ちゃん」でもなく、家庭生活より仕事を優先して来た(と一般的に言われている)「聖子ちゃん」でもなく・・・
家庭人として良き妻、良き母でありながら、アーティストとしての活動も地道に無理のない範囲で続けていて、アルバムを出せばいつも大ヒット、家庭と仕事のバランスが上手にとれているところが、女性たちが憧れる理由なのかな?と思います。
しかし、びっくりしたのが、まりやさん。52歳ですって~~~
信じられないっ

素敵に年齢を重ねているといえば、この方もそうですね
栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2007年 07月号 [雑誌] 栗原はるみ haru_mi (ハルミ) 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/06/01)
扶桑社

この商品の詳細を見る

(福岡は発売が少し遅れるので、年間購読を申し込んでます)


この方については、もう色々書かなくても、みなさん良くご存知ですよね。
栗原はるみさん・・・確か還暦を迎えられたはず。。。

こんな素敵な「先輩達」を見ると、年を重ねることが怖くなくなるような気がしますね

該当の記事は見つかりませんでした。